searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

洋書

THEME help
洋書
テーマ名
洋書
テーマの詳細
読書の記録やおすすめの本など、洋書に関するテーマです。
テーマ投稿数
3,419件
参加メンバー
195人
管理人
azuncha03管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「洋書」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「洋書 英語ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

洋書の記事

1件〜50件

  • クイズで上達!洋書の英語37:洋書に出てくる英語表現0181〜0185
    2021/01/24 13:34
    クイズで上達!洋書の英語37:洋書に出てくる英語表現0181〜0185

    「クイズで上達!洋書の英語」シリーズの第37回は、これまでに紹介した「洋書に出てくる英語表現」の0181から0185を復習します。ただ記事を読んで納得して終わるのではなく、使える英語としてモノにするために是非クイズ問題を活用してください。それでは始めましょう!選択問題洋書に出てく...

  • 洋書に出てくる英語表現0185:an eagle eye【おすすめ英語フレーズ編165】
    2021/01/23 16:05
    洋書に出てくる英語表現0185:an eagle eye【おすすめ英語フレーズ編165】

    「洋書に出てくる英語表現」の第185回は、英語学習や英会話に役立つ【おすすめ英語フレーズ編】の第165回として「an eagle eye」を取りあげます。An eagle eyeの意味と由来直訳すると、「鷲(ワシ)の眼」となります。昔から鷲(ワシ)は視力が非常に良いことが知られて...

  • [一緒に洋書12] スラスラ感を妨げる要因となる「間」を無くそう。
    2021/01/21 11:05
    [一緒に洋書12] スラスラ感を妨げる要因となる「間」を無くそう。

    「スラスラ」を妨げる理由の一つは、英語で入ってくる情報を、日本語で理解・訳そうとするからだ。情報を処理する時に2つの言語を使うと、一瞬、「間」が入るのはよく分かる。 言うのは簡単だが、具体的にはどうすれば良いのか? それは品詞を常に認識する事にある。その訓練を積むと、情報の塊と、その情報の種類を瞬時に判断出来るようになるのだ!

    Yojo

    Yojoの英語ソウル

  • 『The Saturday Morning Park Run』【洋書多読・洋書レビュー】
    2021/01/20 22:31
    『The Saturday Morning Park Run』【洋書多読・洋書レビュー】

    『The Saturday Morning Park Run』というタイトルが気になり、Kindle版が安くなっていたからという理由で購入し、読んでみた1冊です。 読んでみるとなんだか心が軽やかになり、コロナ禍で不安な気持ちになることの多いこの時期、少し明るい気持ちにしてくれる1冊でした。 『The Saturday Morning Park Run』あらすじ 仕事命で頑張ってきたクレアは同じように仕事命で働いているアッシュという男性に思わぬアクシデントから出会う。二人はデートへ行き、完璧なデートをしたかと思っていたところ、アッシュは突然クレアのメッセージに返事をせず、姿を消してします。 そん…

    なーこ

    イギリス生活記

  • 洋書に出てくる英語表現0181:put someone through the wringer【おすすめ英語フレーズ編161】
    2021/01/17 12:20
    洋書に出てくる英語表現0181:put someone through the wringer【おすすめ英語フレーズ編161】

    「洋書に出てくる英語表現」の第181回は、英語学習や英会話に役立つ【おすすめ英語フレーズ編】の第161回として「put someone through the wringer」を取りあげます。Put someone through the wringerの意味と由来直訳すると、「...

  • Who was Nelson Mandela
    2021/01/16 21:27
    Who was Nelson Mandela

    1月5日のブログ記事に書いたように、先日マハトマ・ガンディーの伝記を読みました。Gandhiはインド独立の父として有名ですが、インドで活躍する前に、南アフリカ共和国で20年以上も公民権運動に従事していました。さて、南アフリカの活動家といえば、ネルソン・マンデラ氏です。そこで、今回はWho was Nelson Mandela?を読みました。本名はNelson Rolihlahla Mandelaです。Rolihlahlaはtree shakerという意味だそうです。不公平・...

    オヤコ

    親も英語を学ぶ

  • クイズで上達!洋書の英語36:洋書に出てくる英語表現0176〜0180
    2021/01/15 15:37
    クイズで上達!洋書の英語36:洋書に出てくる英語表現0176〜0180

    「クイズで上達!洋書の英語」シリーズの第36回は、これまでに紹介した「洋書に出てくる英語表現」の0176から0180を復習します。ただ記事を読んで納得して終わるのではなく、使える英語としてモノにするために是非クイズ問題を活用してください。それでは始めましょう!選択問題クイズのタイ...

  • 洋書に出てくる英語表現0178:curiosity killed the cat【おすすめ英語フレーズ編158】
    2021/01/12 19:40
    洋書に出てくる英語表現0178:curiosity killed the cat【おすすめ英語フレーズ編158】

    「洋書に出てくる英語表現」の第178回は、英語学習や英会話に役立つ【おすすめ英語フレーズ編】の第158回として「curiosity killed the cat」を取りあげます。Curiosity killed the catの意味と由来直訳すると、「好奇心が猫を殺した」となりま...

  • [一緒に洋書 11] 微妙な英語のニュアンスを小説から読み取ろう
    2021/01/11 17:10
    [一緒に洋書 11] 微妙な英語のニュアンスを小説から読み取ろう

    今回の表現は:So is she = she is so = 彼女もそうだsee = 確認する、という意味の表現right や old のニュアンスかき混ぜる = Stir + up を使った2つの表現:Stir + 人 + up = 動揺

    Yojo

    Yojoの英語ソウル

  • 洋書に出てくる英語表現0175:the sky is the limit【おすすめ英語フレーズ編155】
    2021/01/09 09:36
    洋書に出てくる英語表現0175:the sky is the limit【おすすめ英語フレーズ編155】

    「洋書に出てくる英語表現」の第175回は、英語学習や英会話に役立つ【おすすめ英語フレーズ編】の第155回として「the sky is the limit」を取りあげます。The sky is the limitの意味と由来直訳すると、「空が上限」となります。空には限りがありません...

  • 多読 Who Was Gandhi?
    2021/01/05 19:22
    多読 Who Was Gandhi?

    昨年末に読んだWho Was Mother Teresa?という本の中で、Mahatma Gandhiが出てきました。マザーテレサの活動本拠地がインドで、二人の生存期間が重複しているからだと思います。偉人伝を読むと色々啓発されることが多いので、悪ガキが主人公になる児童書より私は好きです。ただし、偉人伝の対象になるのは男性が断然多く、女性の活躍が無視されがちです。それで、自分はできるだけ女性の伝記を読むようにしていました。でも、今回は...

    オヤコ

    親も英語を学ぶ

  • 毎朝、1ページずつ
    2021/01/04 12:38
    毎朝、1ページずつ

    Kさんが教えてくれた、Sarah Youngの著書を読み始めた。 毎朝、1ページずつ。 それ以上読むのは、もったいない。 新しい1日が始まり、 慌ただしく活動を始める前に、 必要な時間。 心満たされる ひととき。 Devotions for Every Day of the...

    Minori

    輝く家路

  • 洋書に出てくる英語表現0171:back to square one【おすすめ英語フレーズ編151】
    2021/01/02 17:24
    洋書に出てくる英語表現0171:back to square one【おすすめ英語フレーズ編151】

    「洋書に出てくる英語表現」の第171回は、英語学習や英会話に役立つ【おすすめ英語フレーズ編】の第151回として「back to square one」を取りあげます。Back to square oneの意味と由来直訳すると、「1のマスに戻って」となります。この表現は、「双六(す...

  • Who was Mother Teresa
    2020/12/29 13:39
    Who was Mother Teresa

    マザーテレサがキリスト教信者でノーベル平和賞を受賞したことは知っていましたが、それ以外わたしはほとんど何も知りませんでした。世界中にクリスチャンは20億人ほどいます。その中でノーベル賞を受賞するということは、カリスマ性があって資金集めに優れていたのかなーなどと漠然と思いながら「Who was Mother Teresa?」を読みました。彼女は1910年8月26日にスコピエで生まれ、出生時の名前はAgnes Bojaxhiuでした。両親はアル...

    オヤコ

    親も英語を学ぶ

  • [一緒に洋書 10]  小説を読みながら、表現を文脈で覚えよう。
    2020/12/28 10:30
    [一緒に洋書 10]  小説を読みながら、表現を文脈で覚えよう。

    ロバート B. パーカーの「初秋」読み進めます。今回の表現は: Figure on ~ 、 slick 、そして "That will do it!" などに見る、" Do " の「 うまく行く 」という意味の表現の使い方などを小説の文脈で理解しよう。 また、 独特なドライなユーモアの効いたセリフ など分かりづらい部分も解説。

    Yojo

    Yojoの英語ソウル

  • 洋書に出てくる英語表現0166:pay through the nose【おすすめ英語フレーズ編146】
    2020/12/24 09:51
    洋書に出てくる英語表現0166:pay through the nose【おすすめ英語フレーズ編146】

    「洋書に出てくる英語表現」の第166回は、英語学習や英会話に役立つ【おすすめ英語フレーズ編】の第146回として「pay through the nose」を取りあげます。Pay through the noseの意味と由来直訳すると、「鼻で支払う」となります。この表現の由来につい...

  • Peace in His Presence
    2020/12/21 12:32
    Peace in His Presence

    I've been reading Jesus Calling -- Enjoying Peace in His Presence by Sarah Young, which serves as inspiring prayer starters.

    Romi

    On my Way Home

  • [一緒に洋書 9] 挿入部分に惑わせられずに文の構造を理解!
    2020/12/19 05:26
    [一緒に洋書 9] 挿入部分に惑わせられずに文の構造を理解!

    実際の英語小説を挿入部分と全体の構造を理解しつつ英語の語順で読む。また、「sketchy」、や「I am into ~」などの表現の実際の使われ方のニュアンスを徹底解説。

    Yojo

    Yojoの英語ソウル

  • #Six-Sentence Story: change
    2020/12/17 07:37
    #Six-Sentence Story: change

    When I was growing up, my parents would often tell me that I was a wimp, and that I was always exaggerating my problems and overreacting ...

    Romi

    On my Way Home

  • 洋書に出てくる英語表現0160:a babe in the woods【おすすめ英語フレーズ編140】
    2020/12/14 08:20
    洋書に出てくる英語表現0160:a babe in the woods【おすすめ英語フレーズ編140】

    「洋書に出てくる英語表現」の第160回は、英語学習や英会話に役立つ【おすすめ英語フレーズ編】の第140回として「a babe in the woods」を取りあげます。A babe in the woodsの意味と由来直訳すると、「森の中の赤ん坊」となります。この表現は、1595...

  • 洋書に出てくる英語表現0159:alive and kicking【おすすめ英語フレーズ編139】
    2020/12/12 14:34
    洋書に出てくる英語表現0159:alive and kicking【おすすめ英語フレーズ編139】

    「洋書に出てくる英語表現」の第159回は、英語学習や英会話に役立つ【おすすめ英語フレーズ編】の第139回として「alive and kicking」を取りあげます。Alive and kickingの意味と由来直訳すると、「生きてキックしている」となります。無理やり直訳した感があ...

  • [一緒に洋書 8] 過去完了は「ダブル過去形」と考えて小説を読む
    2020/12/12 13:32
    [一緒に洋書 8] 過去完了は「ダブル過去形」と考えて小説を読む

    過去完了形などというと、何か難しい文法のような気がするが、「ダブル過去形」と考えると、時制を明確に分けられる便利な表現である事がわかる。実際の小説の文の中で理解してみよう。

    Yojo

    Yojoの英語ソウル

  • 伝記 Who was Jesus?
    2020/12/09 17:33
    伝記 Who was Jesus?

    Ellen Morgan著のWho was Jesus?を読みました。これは「Who Was/Isシリーズ」の1冊で、英語学習者でも楽に読めるように書かれた伝記・偉人伝です。偉人伝の対象になるのは、ほとんどが男性です。昔は教育を受けて社会に進出する機会が女性に十分与えられていなかったことを考えると仕方が無いことではありますが、少し残念です。それで、私はできるだけ女性の伝記を探して読むようにしていました。でも、今月はクリスマスシーズン...

    オヤコ

    親も英語を学ぶ

  • Monster Blood 読書
    2020/12/08 12:23
    Monster Blood 読書

    Goosebumps seriesの第3巻「Monster Blood」を読みました。このシリーズに興味を持ったのは今年のハロウィン(10月末)です。私はホラー小説が特に好きというわけではありませんが、気が向いた時に読んでいます。本作の主人公は12歳のEvan Ross、その父親の伯母Kathryn、そしてEvanの友達Andrea(通称Andy)です。Evanの両親はアトランタで新居を探すことになり、新しい家が見つかるまで、Evanは父の伯母Kathrynの家にあずけられる...

    オヤコ

    親も英語を学ぶ

  • 洋書に出てくる英語表現0156:dead and buried【おすすめ英語フレーズ編136】
    2020/12/08 09:24
    洋書に出てくる英語表現0156:dead and buried【おすすめ英語フレーズ編136】

    「洋書に出てくる英語表現」の第156回は、英語学習や英会話に役立つ【おすすめ英語フレーズ編】の第136回として「dead and buried」を取りあげます。Dead and buriedの意味直訳すると、「死んで埋められた」となります。「死んだ」も「死んで埋められた」も大して...

  • 洋書に出てくる英語表現0155:turn lemons into lemonade【おすすめ英語フレーズ編135】
    2020/12/05 14:13
    洋書に出てくる英語表現0155:turn lemons into lemonade【おすすめ英語フレーズ編135】

    「洋書に出てくる英語表現」の第155回は、英語学習や英会話に役立つ【おすすめ英語フレーズ編】の第135回として「turn lemons into lemonade」を取りあげます。Turn lemons into lemonadeの意味と由来直訳すると、「レモンをレモネードに変え...

  •  [一緒に洋書7] ニュアンスを掴むと、後で自分でも使える表現
    2020/12/03 14:39
     [一緒に洋書7] ニュアンスを掴むと、後で自分でも使える表現

    筋の順をおって読めば楽しいけれど、それぞれの投稿でも使える表現が沢山。Buy the farm や、There is only so much I can do などの表現を実際の文の中で読もう。

    Yojo

    Yojoの英語ソウル

  • 『パチンコ/Pachinko』在日コリアンの人生を描いた本【洋書多読・洋書レビュー】
    2020/12/01 16:52
    『パチンコ/Pachinko』在日コリアンの人生を描いた本【洋書多読・洋書レビュー】

    コリアンアメリカンである作者ミン・ジン・リーさんによる『パチンコ/Pachinko』の原作を読んでみました。 作者はコリアンアメリカンであるものの、物語は4世代の在日コリアンの人生を描いた歴史小説です。 2017年にニューヨークタイムズが選ぶ2017年のベストブック10冊に選ばれ、オバマ元大統領や、ハリーポッターシリーズでハーマイオニー役を演じたエマ・ワトソンも絶賛した1冊です。 アメリカを中心に世界中で100万冊以上が売れた本であり、在日コリアンの方についての書かれた本なので、日本人である私にとってきっと読んでみて受け取れるメッセージがあるだろうと思い、読んでみました。 日本で一緒に生活して…

    なーこ

    イギリス生活記

  • なるほどクリスマス降誕劇(The Best Christmas Pageant Ever)
    2020/11/30 16:01
    なるほどクリスマス降誕劇(The Best Christmas Pageant Ever)

    日本ではあまり馴染みがありませんが、ミッション系の幼稚園では来月、キリスト降誕劇を演じる所も少なくないと思います。マリアが馬小屋で救世主イエスを出産し、東方から来た三博士が乳香、没薬、黄金を贈るという寸劇です。本来は聖なる降誕劇になるはずなのに、Barbara Robinson著の「The Best Christmas Pageant Ever」では、ドタバタ喜劇になる寸前でした。主な登場人物はHerdman家の子供Ralph, Imogene, Leroy, Claude, Oll...

    オヤコ

    親も英語を学ぶ

  • 洋書に出てくる英語表現0151:make a splash【おすすめ英語フレーズ編131】
    2020/11/29 13:11
    洋書に出てくる英語表現0151:make a splash【おすすめ英語フレーズ編131】

    「洋書に出てくる英語表現」の第151回は、フレーズ編の第131回として「make a splash」を取りあげます。Make a splashの意味と由来直訳すると「水しぶきを上げる」となります。この表現の正確な由来は不明なのですが、一説には海やプールなどに派手に飛び込む様子に由...

  • 読書 Stay Out of the Basement
    2020/11/20 10:54
    読書 Stay Out of the Basement

    先月末に読んだWelcome to Dead Houseの最後が続編を予感させるような終わり方だったので、Goosebumpsシリーズ第2作目も読むことにしました。でも、第1作目と第2作目は全然違いました。登場する家族が違いますし、怖さの種類も別物でした。面白さという点では第2作目の方が良かったです。第2作目「Stay Out of the Basement」の主な登場人物は植物学者のBrewer博士、その妻、その子供達MargaretとCaseyです。Brewer博士は最近研究...

    オヤコ

    親も英語を学ぶ

  • [一緒に洋書5] 英語で本を1冊読んでみよう。徹底解説付き。
    2020/11/20 07:32
    [一緒に洋書5] 英語で本を1冊読んでみよう。徹底解説付き。

    普通の会話が覚えられる小説を徹底解説付きで読んでみよう。Desperate や miss の日本語訳との微妙なズレなど、役に立つ表現が今回も満載だ。

    Yojo

    Yojoの英語ソウル

  • 洋書に出てくる英語表現0142:grasp the nettle【おすすめ英語フレーズ編122】
    2020/11/17 08:51
    洋書に出てくる英語表現0142:grasp the nettle【おすすめ英語フレーズ編122】

    「洋書に出てくる英語表現」の第142回は、フレーズ編の第122回として主にイギリスで使用される「grasp the nettle」という表現を取りあげます。Grasp the nettleの意味と由来直訳すると、「イラクサをつかむ」となります。この表現は、アイルランドの劇作家Se...

  • [一緒に洋書4] あまり難しくない探偵小説を読もう。
    2020/11/16 04:09
    [一緒に洋書4] あまり難しくない探偵小説を読もう。

    一緒に読めば洋書も以外に難しくない。探偵小説を完読する!シリーズ4回目だ。ハードボイルドな減らず口。面白い会話が続きます。今回の会話では have got to 等の表現を紹介。

    Yojo

    Yojoの英語ソウル

  • 『ハンガー・ゲーム/The Hunger Game』全3原作読んでみた。【洋書多読・洋書レビュー】
    2020/11/14 18:51
    『ハンガー・ゲーム/The Hunger Game』全3原作読んでみた。【洋書多読・洋書レビュー】

    ジェニファー・ローレンスが主役を演じ映画化もされた『ハンガー・ゲーム/The Hunger Game』の原作3部作を読んでみました。 ヤングアダルト向けの小説ですが、かなり面白く、洋書の読書が慣れていない私でも全3作を通して、早く続きを読みたいという気持ちに駆り立てられながら、一気に読んでしまいました。 『ハンガー・ゲーム』あらすじ 『ハンガー・ゲーム1』あらすじ 『ハンガー・ゲーム2 燃え上がる炎』あらすじ 『ハンガー・ゲーム3 マネシカケスの少女』あらすじ 『ハンガー・ゲーム』の原作を読んだ感想 主人公の心情がメインで描かれている 繰り返される不公平な世の中に立ち向かう ピータのような人に…

    なーこ

    イギリス生活記

  • 洋書に出てくる英語表現0137:off the mark(wide of the mark)【おすすめ英語フレーズ編118】
    2020/11/10 15:34
    洋書に出てくる英語表現0137:off the mark(wide of the mark)【おすすめ英語フレーズ編118】

    「洋書に出てくる英語表現」の第137回は、フレーズ編の第118回として「off the mark(wide of the mark)」を取りあげます。Off the markの意味と由来直訳すると、「的を外れて」となります。「off the mark」の「mark」は、前回取り上...

  • [一緒に洋書3] ハードボイルドなジョークを小説から学ぼう。
    2020/11/10 11:52
    [一緒に洋書3] ハードボイルドなジョークを小説から学ぼう。

    ロバートBパーカーの「初秋」の文を読もう。私立探偵のスペンサーのハードボイルドなセリフは微妙なジョークを含み、とても英語的な発想。Forwardのあまり知られていない表現など、クールな会話で英語力をつけよう。

    Yojo

    Yojoの英語ソウル

  • [一緒に洋書2] ポピュラー小説を読みながら、すぐに使える表現を覚えよう。
    2020/11/09 05:30
    [一緒に洋書2] ポピュラー小説を読みながら、すぐに使える表現を覚えよう。

    小説を読みながら使える表現を覚えよう。I knew it. の例から、optimistic about など文脈の中で理解しよう。

    Yojo

    Yojoの英語ソウル

  • [一緒に洋書] ロバートB. パーカーの「初秋」を読んでみよう[1]
    2020/11/09 05:30
    [一緒に洋書] ロバートB. パーカーの「初秋」を読んでみよう[1]

    ロバートB.パーカーの「初秋」を一緒に原書で読んでみよう!英語の難しい部分である、どこで意味が区切れているのか、を解説。シリーズ第一回、さて、一冊完読出来るか?その時にはかなり英語力が上がっているはずだ!

    Yojo

    Yojoの英語ソウル

  • 洋書に出てくる英語表現0134:silver tongue【おすすめ英語フレーズ編116】
    2020/11/05 12:33
    洋書に出てくる英語表現0134:silver tongue【おすすめ英語フレーズ編116】

    「洋書に出てくる英語表現」の第134回は、フレーズ編の第116回として「silver tongue」を取りあげます。Silver tongueの意味と由来直訳すると、「銀の舌」となります。この表現は、「Speech is silver, (but) silence is gold...

  • 多読 Welcome to Dead House
    2020/10/31 13:35
    多読 Welcome to Dead House

    Goosebumpsシリーズの第1巻「Welcome to Dead House」を読みました。本書には「死の館へようこそ」という邦題が付いています。今年は新型コロナウイルスの影響で、渋谷区長はハロウィンで渋谷に来るのを自粛するよう呼びかけています。そういう時はホラー小説を英語で読んで、気分だけでもハロウィンを楽しみたいですね。さて、物語の中心になるのはJack Benson、その妻、子供のAmandaとJoshの4人家族です。Jackの大叔父Charlesが...

    オヤコ

    親も英語を学ぶ

  • 洋書に出てくる英語表現0131:throw down the gauntlet【おすすめ英語フレーズ編114】
    2020/10/31 09:39
    洋書に出てくる英語表現0131:throw down the gauntlet【おすすめ英語フレーズ編114】

    「洋書に出てくる英語表現」の第131回は、フレーズ編の第114回として「throw down the gauntlet」を取りあげます。Throw down the gauntletの意味と由来直訳すると、「ガントレットを投げ下ろす」となります。ここでいう「ガントレット( ...

  • 『Spirals of Fate』イギリスの史実を基にした小説【洋書多読·洋書レビュー】
    2020/10/27 08:11
    『Spirals of Fate』イギリスの史実を基にした小説【洋書多読·洋書レビュー】

    イギリスに関することは何でも興味のある私が手に取ってみた1冊が、『Spirals of Fate』です。 実際にあった歴史事件を基に作られた小説で、イギリスの歴史好きな私は大変楽しみながら完読することができました。 // リンク 『Spirals of Fate』 『Spirals of Fate』の時代背景は、イギリスで最も有名な王様ヘンリー8世がなくなり、息子のエドワード6世が統治していた時代です。 ヘンリー8世がイギリス国教会を設立したこと、また偉大なヘンリー8世が亡くなった当時は、政治的にも、経済的にも、宗教的にも複雑な状況になっていました。 そんな中イギリスのノーフォークで起こった、…

    なーこ

    イギリス生活記

  • 洋書に出てくる英語表現0128:tip of the iceberg【おすすめ英語フレーズ編111】
    2020/10/25 10:59
    洋書に出てくる英語表現0128:tip of the iceberg【おすすめ英語フレーズ編111】

    「洋書に出てくる英語表現」の第128回は、フレーズ編の第111回として「tip of the iceberg」を取りあげます。Tip of the icebergの意味と由来直訳すると、「氷山の先端」となります。海に浮かんでいる氷山の大部分は水中に隠れていて、水面の上に出ている「...

  • 読書 The Halloween Hoax
    2020/10/25 10:44
    読書 The Halloween Hoax

    先日読んだNancy Drew Mystery Storiesでは、主人公ナンシーの年齢が18歳なので、彼女自身で車を運転し探偵活動を行っていました。これとは別に、8歳のナンシーが活躍するシリーズ「Nancy Drew and the Clue Crew」があります。小学3年生のナンシーはRiver Heights Elementary Schoolの生徒で、友達のGeorge FayneやBess Marvinと共にClue Crewというクラブを作っています。Clue Crewは、様々なミステリーを解決する仲良し倶楽部と...

    オヤコ

    親も英語を学ぶ

  • クイズで上達!洋書の英語22:洋書に出てくる英語表現0106~0110
    2020/10/22 08:25
    クイズで上達!洋書の英語22:洋書に出てくる英語表現0106~0110

    「クイズで上達!洋書の英語」シリーズの第22回は、これまでに紹介した「洋書に出てくる英語表現」の0106から0110を復習します。ただ記事を読んで納得して終わるのではなく、使える英語としてモノにするために是非クイズ問題を活用してください。それでは始めましょう!選択問題洋書に出てく...

  • 洋書に出てくる英語表現0126:shoot the breeze【おすすめ英語フレーズ編109】
    2020/10/21 11:11
    洋書に出てくる英語表現0126:shoot the breeze【おすすめ英語フレーズ編109】

    「洋書に出てくる英語表現」の第126回は、フレーズ編の第109回として「shoot the breeze」を取りあげます。Shoot the breezeの意味と由来直訳すると、「そよ風を撃つ」となります。この表現は「無駄話をする」や「雑談をする」を意味するのですが、なぜ「そよ風...

  • クイズで上達!洋書の英語21:洋書に出てくる英語表現0101〜0105
    2020/10/20 08:25
    クイズで上達!洋書の英語21:洋書に出てくる英語表現0101〜0105

    「クイズで上達!洋書の英語」シリーズの第21回は、これまでに紹介した「洋書に出てくる英語表現」の0101から0105を復習します。ただ記事を読んで納得して終わるのではなく、使える英語としてモノにするために是非クイズ問題を活用してください。それでは始めましょう!選択問題洋書に出てく...

  • 洋書に出てくる英語表現0124:put two and two together【おすすめ英語フレーズ編107】
    2020/10/19 22:32
    洋書に出てくる英語表現0124:put two and two together【おすすめ英語フレーズ編107】

    「洋書に出てくる英語表現」の第124回は、フレーズ編の第107回として「put two and two together」を取りあげます。Put two and two togetherの意味と由来直訳すると、「2と2を足し合わせる」となります。この表現は「put two and...

  • クイズで上達!洋書の英語20:洋書に出てくる英語表現0096~0100
    2020/10/19 22:32
    クイズで上達!洋書の英語20:洋書に出てくる英語表現0096~0100

    「クイズで上達!洋書の英語」シリーズの第20回は、これまでに紹介した「洋書に出てくる英語表現」の0096から0100を復習します。ただ記事を読んで納得して終わるのではなく、使える英語としてモノにするために是非クイズ問題を活用してください。それでは始めましょう!選択問題洋書に出てく...

カテゴリー一覧
商用